大人の責任

昨日のオリンピック招致応援企画での長崎さんの講演よかったです。選手時代は、どうしてもネガティブな思考から抜け出せなかったそうです。今は、子どもを産んだことで前向きに考えられ、自分になにができるか、何を人にしてあげられるかを考えられるようになったそうです。

その気持ちは、私も同じです。出産する前の私は、かなり自分のことばっかり考えるような人間だったように思います。(ごめんなちゃい)

自分の命より大切なものがあると、すべてにおいて考えが変わります。他者に対しても、優しくなれました。

子どもを守りたいと思うと、安全で安心な日本、世界にしなきゃと言う気持ちが芽生えました。
私達大人が今しなくてはいけないことだと思って、私は無謀にも政治の道を歩んでいますが、私ひとりではどうにもなりません。

結局は、一人一人が意識して志を高く、教育その他のことについて取り組んでいかなくてはダメだと思ってます。

政治家にまかせきりで、政治が悪いと批判するだけじゃ変わりませんよね。

今、目の前にあることを、一生懸命、誇りを持って誠実に取り組む姿を子どもに見せて下さい。そういう大人が増えればきっと少しずつ変わると思います!