いいぞ、うのちゃん!

テレビで、神田うのさんの結婚式のレポートやってましたね。レポーターの方が、「これからは家事を頑張りますか?」の質問に「これまでどおり、やりませ~ん!」と言う、うのちゃん。
いいねえ、それでいいんだ、うのちゃん!貫いて下さい。
もう、ああいう、質問はしないでもらいたいわ。
別に、その家庭の旦那がそれを求めてなければ、別にいいじゃないねえ。

この前も、区議会自民党控え室で先輩議員が「細木数子じゃないけど、日本は控え目な女性が、いなくなって嘆かわしい。」というようなことを言ってました。
時間がなかったので、あまり反論はしませんでしたが。
「私は、細木数子の番組は、一切見ません!」
と言いました。多分、世界で一番見てもらいたい女だと思ってらっしゃると思いますが、無理です。
努力して何回かトライしましたが、テレビに文句言ってる自分がいるのでやめました。

人それぞれ価値観があるからいいのですが、価値観の押し付けは勘弁してもらいたいですね。

そういう方々は、大抵、育児も介護も家族(女)がやって当たり前、それをできないのはおかしいみたいなこと言ってくるんですよ。
私の考えも、ひょっとしたら、極端なのかもしれませんが、そういった、これまでの考えに潰されないように頑張るつもりです。