自分をブログに載せろと催促する友人

今日は、午前中亀戸に予定されているマンション計画についての陳情をうけ、話し合いをしていました。
住宅が密集している比較的低層の建物ばかりの地域にマンションができるとのことで、住民の皆様の意見を伺いました。まちづくりの観点からすると、ここだけの話ではなく、防災面からも地域を広げて考えるべき問題と考えます。

午後は、夫が会社の後輩の結婚式のため横浜へ。珍しく?私が家にいると、高校大学の親友から電話が・・・
「ブログ見てるよ~私のこと書いてよ、楽しみにしてるから。」と催促されました。(笑えるヤツ)
ある小説家が、友人でも自分のことをネタにしないでという人と、ネタにしてと言ってくる人と二通りいると言ってましたが、まさに後者。

このYちゃんと行った旅行はどれも面白すぎで、下手なテレビ見てるよりよっぽど笑えるとお互いを面白がってる関係。笑いのツボが一緒なんで。
結婚して、彼女は藤沢にいるのでそう簡単には会えないのが残念。

昔、二人でバリ島でゴルフをしていると(懐かしや、お気楽な独身時代)、ボール売りの人がやってきて拾ったボールを買えと言ってくるので、「いらない。」というとボール売りの人がYちゃんがショットに「下手~へたへたへたへたへた~!!!」と言われ、怒るより笑ったのがいい思い出。

悩みを相談するとか、元気をもらうとか一人の友達に何でも求めちゃ重荷になりそうですが、このYちゃんといると何年も会ってなくても、昔のバカ話もできて、思いっきり笑える貴重な存在。20年近く経っても、人間ってあんまり変わらないもんですね。えっ?成長してないだけか?
笑いが錆びれないように努力します。(そっちかよっ!)