テレビっ子

私はテレビっ子です。
子供の時、両親がほとんど家にいなかったので、テレビが友達だったんです。

だから、テレビ=悪 だと言われるとなんで!って思っちゃう。テレビ見てると色々考えるよ。漫画だってそう。

昨日の深イイ話で、島田紳助さんが、「人生は一時間のドラマ、10分20分じゃまだ序章、35分から40分が面白いねん。」これ分を才に変えて考えるんです。

人生60年って設定なんですがね。そうすると、うわぁ、今年で40分。もう結構きてるわ。
今日の手塚治虫さんの特集のテレビでも、手塚先生はいつもテーマは命だったことを見て、人間はいつか死ぬんだ。悔いのないように生きなきゃ・・・時間が足りないって思ってしまいました。

人生80年って思うとまだ半分って思うけど、それでももう半分来ちゃったことに驚きます。

時間を無駄にはできないけど、ぼーっと息抜きする時間は不可欠。このバランスが、まだとれないでいます。

夫は母親を5歳で亡くしているので、私が生きてるだけでいいって、それしか求めないんです。いいのかそれでって思うけど、これが原点。一番大切なことですよね。

子どもにだって、生まれてきてくれてありがとう!って思ったあの、産んだばかりの頃の気持ちを忘れずに、お互いに多くを求めずに、今生きていることに、感謝しないといけないって思います。ねっテレビだって受身なだけじゃなくて、考えさせてくれますよ。