叔父のライブ

今日はNHKホールで母の弟のライブがあります。
なぜNHKホールで?

私が子供の頃、NHKに勤務する叔父(母の妹の夫)にレッツゴーヤングのチケット貰って見に行ったあのNHKホールだのに・・・紅白やってるNHKホールだよ。

昔落語家だった母の弟の方の今日ライブする叔父は、『昔落語家、今落伍者』というキャッチフレーズの通り、親戚からは冷たくされるのは、仕方ないだろ!っていう人生送っていました。

昔、寅さんを見て、姉が「寅さんみたいな大人が、親戚に一人もいない人が、寅さんはいいって思うんだろうが、一人でもいたら、娯楽として楽しめない。」というようなこと言ってましたが(寅さんファン許して)まさにそんな感じの叔父でした。寅さんも一緒にされたら気の毒だが。

ですので、血が濃い人間ほど俺に冷たいと言いながら、それが、いいネタになって笑える歌が多い。

25年ぶりに再会した娘とのエピソードばかりが取り上げられますが、数年前叔父のデモのテープ、家族と別れたり孤独なお父さんの曲を聞いた時、涙が出たし、やっとこの人が受け入れられる時代が来たって思いました。

その時そう言うと、叔父は純粋に喜んでました。しかし、予想以上に世間に認めて貰えたようで、NHKホールって?!大丈夫かおい。

お客さんが、スタッフより多いことを祈って(冗談)応援しに行って来ま~す。