何がしたいのか?なにができるのか?

今日は、一大小で災害避難訓練に出席。
夜は町会の直会。

区議になって、毎日予定がどんどん入って気がつくともう一年以上経っていて、私はこのままでいいのかって思いながら今日まできています。

この一年ふと振り返って、私がこれしたからこうなったのよ!なんてすごい手柄あるはずもなく。私ひとりではそう変わらない。

バスの路線を増やして欲しいって都に要望しに行っても、簡単に増やせるわけもなく。亀戸駅東口にエレベーターつけてって、しつこくJRに要望しても、まだバリアフリーにすべき駅があるため話進まず。この保育園の待機児が多い江東区の現状を魔法のように解決できるわけでもなく、虚しい気になることが多いです。

公約のなかで、結果できたことがあっても、私がひとりやったことじゃないから、手柄にするような馬鹿なことはできない。

しかし、それで次の選挙で、この4年あの人結局何したの?って思われてしまうのは絶対イヤ。
できること出来ないことありますが、かなり陳情やってます。
関わっている人にはわかってもらっても、それ以外の人にはわかりませんもんね。
区議って、これでいいのか、正直考えるところあります。期を重ねていけばできることが増えていくんですかね?

子育て中で議員なんて無謀なことをしたのも、女だから、子育てに専念すべきみたいな世の流れを完全に変えて、女性が仕事を持っていても当たり前に子供産んで育てられる日本にしたいって思ったから。

そう考えても、やっぱりこの江東区の保育園の待機児問題はスピード上げないとダメでしょ。
色んな問題あるけど、まず私は特にこれを解消することから始めたいと思ってます。