特別支援学級連合運動会

今日は江東区スポーツ会館で特別支援学級連合運動会に最初から最後まで出席しました。

娘が、まだ保育園に入る前、発達が遅いので、保健師さんが紹介してくれた、親子教室で一緒だったママに久し振りに会えました。

ママ達の話だと、仲良し学級と普通学級のボーダーの子が多いみたい。うちもどちらかであれば仲良しを勧められたけど(定員オーバーではいれなかったので普通級に行ってます)今、学校のお陰もあって、なんとか普通級でついて行っている状態。こればかりは、入ってみないとその子にはどこがいいかわからないのかもしれない。

それにしても、みんな頑張っていました。
こちらの心が洗われる感じ。
娘も、無邪気なピュアな子なので、通りがかりの人に挨拶したり、話しかけたりして、相手が満面の笑みで返してくれるんです。するとこちらの方が嬉しくなることがよくあります。今日なんかその気持ちがわかった。

昨日も本屋で、若いすごく可愛いお姉さんが娘と話していました。お姉さん楽しそうに娘と話して、たくさん褒めてくれました。

ハンデを持った子供には、みんなを笑顔にしてくれるパワーがあるんじゃないかと思う時があります。

ママ達も子どもが生まれた時は、いろいろ悩んだり苦しんだりしたこともあると思います。私も最近やっと娘のハンデを冷静に受け入れられるようになった気がする。

将来を考えると正直不安もあります。でも、今日みたいに子供たちが一生懸命頑張っている様子を見ていると、幸せな気持ちになる。生まれてきてくれてありがとうって思う。

そんなママや子供たちが将来に不安を感じないで、笑顔でいられる江東区を作るように私も、努力していきます。