父の涙

今日は、亀戸地区の小学校のママさんバレーの大会。
去年も出席しました。

昨日、家族ぐるみでお世話になっているお宅へ伺い、食事をごちそうになりました。毎年、大勢の仲間が集まり、賑やかで楽しい会です。

今年は、ミュージシャンをやってる叔父(母の弟)も参加し、木村家では親戚の集まりがないので、みょーに新鮮でした。

そんなわけで、父、私、叔父という不思議な取り合わせでしたが、叔父は元落語家なので、話が面白くてかなり盛り上がりました。

そんな中、私もお酒を飲みすぎたのか、父への感謝の気持ちを言葉にしていました。無意識に口にしたのですが、父が「俺は嬉しい、めぐが俺に感謝してると言ってくれたのは嬉しい・・・」と涙を拭き始めたんです。

初めて見た父の涙に私までもらい泣きしてしまい、よその家でなにやってんだろうと今思いますが、その時は号泣でした。

いつも、父とお酒を飲むとケンカになってしまうので、初めて、素直に父への気持ちを伝えられたように思います。

なんか、父が元気で生きているうちに伝えられて良かった。同じ仕事をしている親子って普段はケンカ多いと思いますが、元気なうちに一回でも感謝の気持ちを親に伝えることは大事だなって思いました。