江東区小学校連合運動会

夢の島での連合運動会の開会式に出席。

行きは、近所のママたちと一緒にバスで。
これが11時台はゼロ!一時間に1本ないんですよぉ。

帰りも、地味にバス停に行ったら、一時間後くらいバスなし。仕方ないので東陽町経由で帰ろうとしたら、民主の甚野議員が見つけてくれて乗せてくれました。このお礼は私のブログで書いてあげると(なぜか常に上から目線)約束したので、仕方ない!書きました。大島までだったけどね。(うそよ~助かったわぁ)

今日は財布忘れたし、帰ったらマンションのエレベーターが一時間後まで点検で動かないし、散々でしたが、まあいっか。

昨日は、父のことあんな風に書きましたが、私が父に対しありがたいと思うことも、ちょっとだけあります。

@馬鹿正直でも生きていけることを証明してくれた。
A汚いといわれる政治家が多い中、これだけクリーンに誰かをおとしめることなどしないで、政治の世界でやっていけることを証明した。

以上です。100人いて100人に好かれようとか思わない人ですから。確かにそんなことしてたら、長生きできないだろうな。私も、以前は気を使う方だったのですが、もう嫌われたら別にいいや、わかってくれる人がいれば・・・って開き直ってますね。

まあこのブログ読めばわかりますよね。
「子育てママ議員の高橋めぐみですっ!子育ても、議員も全力投球で頑張りますっ!」みたいなテンションずっとするの無理だし。

前に、父が落選したとき、もう気分が悪くなるくらい、怪文書とか出て、選挙の汚さとかまざまざと見させられた時、ある人が、「選挙は戦争なんだ!勝たなきゃ意味がない、汚いことしたって勝たなきゃだめなんだ!」
って言ったんです。父は私に「俺は汚い手を使ってまで、議員を続けたいとは思わない・・・」ってボソッとつぶやきました。

うれしかったですよ。ああ、こういう人だから皆さんが応援してくれているんだ。私もこんな父だから、手伝ってこれた。

それを甘いって言う人はいます。また、議員はもっとペコペコ頭を下げろって言う人もいます。
でも、誰に対しても同じ態度の父、私は結構好きですよ。

まあ家族に対してあまりにも、感謝の念が足りない部分は大嫌いですけどね~(どうしても、手放しに家族を褒めたくない自分がいる)