公園の遊具と子供の安全

最近の公園の遊具は、私たちの子供時代と違って怪我しないことばかりが意識されている気がします。

最近、区内のママさんからメールを頂き、遊具への不満を役所に伝たえました。

遊具の不具合でケガするなんてもっての他ですが、我々の時あった、回旋塔(かいせんとう、漢字これでいいのか?)とか、子供心に、ひやりとするようなスリルのある遊具、今見かけませんよね。

鉄棒も減っているようだし。
面白かったのに・・・
怪我させないように、喧嘩させないようにといって子供を守り過ぎている気もします。

もちろん、犯罪からは守らなくてはいけないので、どこまでが過保護かは難しいところなんですけどね。

私は、男の子でも心配です。帰るはずの時間より遅くなると、気が気じゃありません。でも、小さな子がひとり歩きしてる光景を結構見かけます。親は心配じゃないのか、事件や事故に巻き込まれてからじゃ遅いのにと、人事なから心配してしまいます。

このあたりの子供ならだいたい顔もわかるので、声をかけますが、こういう時、地元の学校に行っていない子供までは把握できないので、やはり小学校は地元がいいって思いますね。

学校自由選択制が来年から一部変更で、基本は地元、歩ける範囲と限定することは、私は基本的に賛成です。

子どもの安全もために、城東警察署から登録した人に不審者情報メールが届きます。

携帯から警視庁ホームページを検索して『メールけいしちょう』で登録すれば、地域の情報配信されます。
詳しい問合せ先
警視庁生活安全総務課
03-3581-4321内線34913

情報をキャッチして子供たちを守りましょう!