マンション建設問題

今日もいいお天気!
今日は朝から、マンション建設の問題住民集会に出席しました。

この建設もともと低層な地域にもかかわらず、境界線から50センチのところに建てる部分もあり、また地盤の緩さもあり、住民の大反対する中始まりました。結果、予想通り隣接する数件の住宅にひびが入ってしまいました。

住民の皆さんの怒りと不安はピークになり、集会が開かれました。

やはり、壊れたという事実があるわけで、見過ごすことはできません。その建設がなければそんなひびや不具合は生じなかったわけですからね。これは重く受け止め、業者さんの誠意ある対応を望みます。

建築基準法ってなんだろう?
この建て方が容認される法律自体に無理がある気がする。
性善説で、今までこれたかもしなれないけど、地域住民に配慮にない採算重視の計画をする業者が増えているのなら、法律でもっと住民側を守るべきと考えます。
良心的ないい業者さんもたくさんあるのに残念です。