本日も本会議

今朝役所行く前にテレビ見てたら、藤原竜也君主演の映画『カイジ 人生逆転ゲーム』の宣伝してました。これ見たいわ。結構名言詰まってるようで。私が最近ブログでも書いてる、甘ったれた人間にバシッと言ってます。

映画では、原作のセリフがミックスされているのか、ネットで調べたらちょっと違っている気がしたけど、知る権利を主張するクズ扱いされている人々に

原作だと「『もう少し待って・・・』お前らは生まれてから何度そのセリフを吐いた?世間はお前らの母親ではない!」「質問すれば答えが返ってくるのが当たり前か?バカがっ!とんでもない誤解だ!世間というのはとどのつまりが肝心なことは何一つ答えたりしない。」

以上のことを映画ではミックスして言ってた。多分。

『ドラゴン桜』も今再放送してるけど、このドラマも好き。「社会のルールは頭のいいやつの都合のいいように作られている。」とか「もの買う時に搾取され、売る時にも搾取される。」

考えたり勉強したりするのが面倒くさがっていると騙され続け損をすると教えてくれる。息子に口で言うより、これ見せる方が効果あり。

この前、小5の息子に、賭けごとなんかするんじゃないぞっていうと、「やらないよ!だって賭けごとはみんな胴元が儲かる仕組みなんだから。ばからしい。」という答え。

「えっ?なんで胴元なんて知ってるんだ?」と言うと、以前私がまるで読書しない息子に買っておいた『フリーターになるとどうなるの?』という本を持ってきて、ここにそう書いてあると。読むの期待してなかったけど、本棚に置いて放置していたのが良かった。彼は読めと言っても読まないから。

長くなりましたが、こういう教育は理想論でいうと、全然だめだと思います。ただ現実を知ること、これからの生き方次第で将来大きく変わることを知ってもらいたい。ダメなことを人のせいにばかりして逃げる人間にだけはなって欲しくないんですよ。