昨日は東京大空襲の日

今日は、午前中文教委員会傍聴してから、役所で少し仕事して錦糸町から亀戸まで歩きました。

途中東京大空襲で大勢の方が亡くなった場所に手を合わせてひとりで黙祷しました。

昨日は3月10日の東京大空襲の日。
毎年亀戸では、普門院で戦災供養があるのですが、去年も今年も委員会で出席できなかった。

議長に、この日は戦災供養に出席したいから来年からは委員会の日にちを考えてもらうようお願いしました。

我々の世代が子どもたちの世代に引き継がないと。

昨日は午後1時に江東区役所の放送で黙祷の時間が取られました。

江東区の町に流れる放送でもやるべきだと思います。
学校の授業を中断してでも、黙祷してもらいたい。
8月15日は夏休みなので、せめて東京の人にはこの日を特別な日と意識してもらいたいです。