外国人参政権に反対する一万人大会

外国人参政権に反対する一万人大会外国人参政権に反対する一万人大会

今日は午前中、大手町のサンケイビルで『草の根の声で日本を変える!』4.17全国地方議員緊急集会に出席後、午後は日本武道館で『外国人参政権に反対する一万人大会』に出席。

全国の日本の未来に危機を感じている同志一万人以上が集まりました。

江東区議は佐藤幹事長しか会いませんでしたが、全国の日本を愛する人たちが集結。

考えれば考えるほど、地方参政権を外国人に与えようとしている政府民主党は日本人なのか疑う。

亀井大臣の時のヤジはすごかったし、亀井大臣とみんなの党の渡辺代表は、悪いけど選挙PRにしか聞こえなかった。
でも自民党の大島幹事長は良かった。さら良かったのは、『たちあがれ日本』代表の平沼議員!
やはりこの人すごい。

最初、声出てないし、健康上不安があるので、大丈夫?という目で見てしまったが、平沼氏の演説は引き込まれます。
魂が揺さぶられるという感じがした。

がんこじじい党とか言って、申し訳ない。
あの方は、最後のサムライです。
と言っても、私は離党しませんが、平沼氏の日本を思う気持ちは心に迫るものがあります。

いろいろ新党できますが、民主の売国政策に反対するなら、一つにまとまった方がいいのに・・・、と思います。やはり、自分の思い通りにしたいのでしょう。気の合う人だけでやりたいのでしょうね。

でも一つの政党にいろんな考えがあるのも健全な気がしますけどね。言いたいこと言える自民党で良かった。