選択制夫婦別姓反対!

明日15時40分過ぎに本会議質問します。

http://www.koto-city.stream.jfit.co.jp/

↑インターネット中継
アクセスしてくださいね!

今日は午前中、自民党本部にて、都連青年局主催で選択制夫婦別姓の勉強会でした。

長谷川三千子先生が非常にわかりやすく解説して下さいました。

自分自身、姉と私のふたり姉妹。
姉は迷わず結婚して相手の姓を選んだ。

私が結婚する時、夫は姉、妹がいる長男。
夫の兄弟に男がふたり以上いれば夫になる人に、自分の姓を選んでもらったかもしれない。

もし、夫婦別姓が認められていたら、別姓を選んでいたかもしれないと思うと、非常に怖いと思った。

何も知らずに、名前を残すことだけが目的でしてたと思う。今になって、結婚して夫の姓になり、こどもも同じ姓でひとつの家族を育み家庭を築いて、自分自身も同じように、父と母と姉の四人の家族で自分が形成されたことに気づく。

もし、結婚時に夫婦別姓が選択できていたら、何も考えずに制度に乗っかり、こどもが親と違う姓を名乗って、家族という絆すらわからない子にしていたと思うとぞっとする。

今日は、この制度の選択制というのが危険と学んだ。
いいじゃない、そうしたい人だけ選べれば~?って思うでしょ。わからないで、選ぶ人が出てくるシステム自体が危険。

家族制度をなくすことが、個人の自由、女性の解放という思想の人間が進めようとしている怖さに気付いて下さい。現在の日本の結婚制度は、夫妻どちらかの姓を名乗るわけで、男尊女卑ではない。

仕事上不都合なら仕事時だけ通称として使用する法整備で十分。

名義変更が煩わしいのは最初だけ。
家族制度壊したら、日本が壊れる。