本日も本会議

今朝、NHK見てたらアラフォー出産を特集していた。

よくありがちな、私はこの歳で産んで良かったわ~みたいな前向きな発言ばかりでつづられたり、今の若い人が、じゃあ私も出産はもっと先でいいやっていうメッセージはやめて欲しかったので、この番組はそうではなくて良かった。

金銭的に余裕ができたから、精神的に大人だったから落ち着いて子育てできるという前向きな人は、いつ産んでもそういう前向きな人なのだと思う。

むしろ、母体へのリスク、妊娠しにくくなることや出産後の大変さなど知った方がいい。

昨年勉強会でやはり妊娠の適齢期があることを知らないで子どもが欲しいと思えばすぐにでもできると考える人が多いことが問題だと思った。だから野田聖子議員が最後のメッセージで野田のようにならないで下さい。自然に妊娠できる時期を大事にして欲しいという内容を言葉にされたのは、勇気のいることだけど良かったと思う。

ただひとつ番組で残念だったのは、染色体異常で生まれることがリスクとはっきり言われるとやはり複雑な心境。

うちの娘も染色体異常で生まれたので、そういう人への配慮があってもいいのかなと思った。
よく、健康に産んでくれて親に感謝ですっていう言葉。
あれ、結構傷つくんですよ。そんなこと言い出したらきりがないから皆言いませんが。

全く悪意のない何気ない一言でも傷ついてしまうことってありますからね。自分も他者に配慮ないことを無意識にしていると思うので、自分だけ被害者みたいにならないようにしたいと思います。

なんとか、今の若い人たちに妊娠適齢期があることを知ってもらいたいのですが、どうしたらいいのかなぁ。