なんか違和感

文教委員副委員長をさせて頂いておりますが、今度発表される江東区の推進プランを読んでちょっと違和感。

普通に現代に子どもを持つ親として見たら、江東区の教育はきめ細やかでいいんじゃない?って思えるものも、もし自分が明治生まれだったら、なんじゃこりゃ、こんなことまで、区がやらないといかんのかという印象。

そもそも小1プロブレム対策だって、親としてはありがたいが、ひとりひとりの躾がなってないだけだろうって思うし。体力向上プロジェクトって、外で遊べよ!ってだけのことなのよね。

イトーヨーカドーとかの休憩所とかに、小5~小6くらいの男の子がゲームして遊んでいるの見ると、なんかがっかりする。自分の息子も野球のお陰で運動不足ではないけど、平日は友達とゲームするのが楽しみになってるからあんまり変わらんか。

話はそれたが、私が言いたいのは確実に教育が余計なことばかりに気を取られていて、根本の精神力の強さとか誇りを持って生きる、相手を思いやる心という一番大事なところが完全に抜けていると思うのですよ。

モンスターペアレンツはどっかの誰かでなく、自分もそういうとこあるんじゃないかって全ての人が客観的に自分の子育て見直した方がいいと思う。

先生にクレームつける前に、なんでこうなったのか自分の子は1ミリも悪くないのか冷静に考えてもらいたいです。生徒何十人対一の先生に何でも求めないで、まずは親です。ひとりじゃ教育は変えられない、みんなで変えましょう!