台湾・感動!

台湾・感動!台湾・感動!

中華民国100周年の式典、そしてレセプションに参加させて頂きました。

今回、区議としてご招待頂き、光栄です。

私としては、東日本大震災での台湾の政府の早急な対応と多大なるご支援に対し、民間レベルで、台湾の人達にお礼が言いたくて、行きました。
もちろん自腹!

会う人、一人一人に、

「私は日本人です。今回の日本の地震で、台湾の皆さんに本当にお世話になりました。それが言いたくて、来ました。本当にありがとうございます!」
と言うと、台湾の皆さん100%の方が、

「台湾の地震の時に日本に助けてもらった。お返しするのは当然!友達なんだから、お礼なんていりません。こちらこそありがとう!」

こういう言葉を沢山頂きました。
涙をこらえるのが、きついくらい。
なんて温かい人達なんだろう。

色々海外行って来ましたが、こんなに居心地の良いところはない。本当に心洗われました。

これも、これまで日本が国際貢献してきた証。

よく、日本における子どもの貧困を主張し、国際貢献をばら撒きで無駄のように言う方々がいます。

私は日本に生まれて43年、日本でストリートチルドレンを見たことがありません。海外ではかなりいます。

雨風しのげて、食べる物に苦労しないこの国を貧困と位置付けることがなぜできるのでしょうか?

こんなに恵まれた国はありません。
自分さえ良ければ、自分の家族さえ良ければ、自分の国さえ良ければ・・・

こういう主張を平気でする(一部の)日本人に台湾の人達の、気持ちを知ってもらいたいです。

台湾の皆様、本当にありがとうございました!