きっずクラブ視察

今日は文教委員会の後、明治小のきっずクラブ視察&教育委員との懇談会。

結局は学校施設が整っていないとできないわけで、明治小うらやましいくらいの充実の施設。

子どもたちものびのびと楽しそう。

懇談会では、子どもたちの体力向上について懇談。

江東区というより、東京都の課題。
ハンドボール(ソフト)投げとシャトルランの数値が全国平均より驚くほど低い。

公園で野球できないもんね。
野球チーム入らないと、投げ方すらわからないからね。
普段からボール投げて遊んでないから。

ドッジボールで通用しても、距離を投げられる投げ方を知らないからと私は指摘。

20年前、小学校で非常勤講師してる時の経験&今の子供を見て同じ。子どもたちは投げ方を知らない。

キャッチボールできる環境と、ちゃんとした投げ方教えたらこんなのすぐ平均行くと思うけどなあ。

シャトルランはしょうがない。
都会の子は、根性で走らない。見てても余力残してるのと、死亡事故が怖いからそれを指導者は求められない。
野球部以外は使わない筋肉だからねぇ。
これで計るのは東京っ子は不利だね。

電車で立って踏ん張る力は全国一だと思うわよ!
電車がない、電車に乗らない車社会の子に勝てる!