3月11日

今日はひとりで黙祷しました。

私たち戦争を知らない世代としては、戦前戦後のようにこれからも震災前後で色々語られることになるでしょう。

頑張ろう日本、絆という言葉と裏腹に、瓦礫の処理が進まないのを見ると、義援金や言葉も大事だけど、態度で示す大変さに日本人はぶつかっています。

こういう状況を見ると、基地問題や、集団的自衛権の問題も同じ構造だと思います。
結局人ごとで済ませる体質を改善しないと。
こういうこと考えると、最後は教育だなって行きついてします。難しい問題だけど、我々ひとりひとりが考えないと進みません。今が日本の踏ん張りどきだ。頑張ろう!