厚生委員会

防災まちづくり同様、長い委員会でございます。

本日の案件↓
http://www.city.koto.lg.jp/ac/gikai/iinkaianken/19044/file/1009kousei2.pdf

 

一昨日のブログですが、フェイスブックでお友達から、泣けたと反響頂きました。

親をしてると、毎日まあ劇的。

先月の初めには目の前で息子のアイフォンを盗まれるのを目撃。

駅のホームのベンチに息子が置き忘れ、電車に乗り込んでから気づいて、振り向いたらドアが閉まり、怪しい男が目ざとく見つけ、全く躊躇もせずに自分のバックに素早く入れてしまいました。私と息子は茫然!でも電車出発。あーれー(ToT)/~~~

戻って駅に確認しても、交番行っても届けられてなく、完全に盗まれました。生まれて初めて、人が物を盗む瞬間を見てしまい、しばらく食欲がわかないくらい落ち込みました。悪人っているんだなあって、ショックでショックで。

続きがあって、息子がその盗まれた翌日に犯人にばったり遭遇。かなり特徴のある男だったので、私も今会えばわかります。そして追跡。すると男は掃除業者のスタッフのようなつなぎを着て、ゆっくりと住宅街を、一軒一軒物色していました。私は息子から電話もらった時、監査の仕事で長野から帰るあずさに乗っていたので、私も行くからそのまま尾行しろと指示。

心の中では『太陽にほえろ!』の犯人追跡のテーマ曲が流れてました(笑)ばかだね~しかも古っ!

結局まかれてしまい私が行った時は逃げられましたが、アイフォンの追跡ソフトで犯人の住居エリアを特定していたので、もし犯人がそっちへ行ったら、捕まえてやると思っておりました。現行犯じゃないから無理なんだけどね。

次の日交番に行って、全て話ましたが、危ないから、そういう時は職質かけるから、通報してくれと警察官に言われてしまいました。そうだよね(*^^)ごめんなさい。

警察は携帯電話盗まれたくらいじゃ捜査してくれないだろうから、この際自分たちの手で捕まえてやろうと思ったもんで(馬鹿親子)

今回本職の泥棒に盗まれたわけで、これまで財布も携帯も落としたことのあるのに100%戻っていた私からすると、運の悪い息子だと思ってたけど、一昨日のご婦人の出会いを思えば、息子が元気に今生きてるのだから、多くを求めちゃいけませんね。

そんなわけで、息子に振り回され、一喜一憂の日々ですが、元気だからOKとしますが、まぁ色々とやらかす息子です。