医療・介護保険制度特別委員会

介護保険料を払ってるんだからと、ヘルパーさんを使う権利を全面的に主張する某会派の質問意見に違和感。

ヘルパーさんをダスキンさん代わりに使う感覚。介護保険制度のヘルパーさんは、あくまでも、その人の出来る能力を補完するためのお手伝い。介護が充実していない自治体の方が元気な高齢者が多いのは、わかる気がする。

民間より安いからと手軽に使われたら、制度が破綻します。今後保険料を安く抑えるためにも、皆が権利を主張するのではなく、行政もコストカットありきでなく、症状が今より悪くならないよう、ひとりひとりの能力に合った利用ができる持続可能な制度にしなくてはいけない。

権利権利のごり押しの主張。今回も採択された教科書も彼らが喜ぶ、義務よりまずは権利だもん。

この教育の綻びをもっとみんな深刻に感じて欲しい。