心機一転

皆さまには色々娘の学校のことで、ご心配おかけしました。あと半年で中学の特別支援学級の卒業でしたが、色々ありまして、特別支援学校への転校を親子で決心致しました。それが決まるまでの、このひと月弱、行き場所がなく、娘を職場にずっと連れて行ってました。でもそこでも問題があり、絶望感の日々でしたが、やっと転校日が決まり、少し光を見ました。

ずっと我慢していたのに、今日の委員会の教育の質問時、これまでの想いが溢れ出してしまいました。経緯をご存知ない方は驚かれたようですが、娘がいることで、具合が悪くなり心身に支障がでるお子さんがいる、人手が足りず、環境を整えることが困難とのことでしたので、転校を決心しました。パニックを起こせば、迎えに来て欲しいと連絡があり、結局重い障害のある子は、家庭で保護をするしかないのだと思いました。

どんな障害を持って生まれても、本人も家族も笑顔で過ごせる社会を作るために目指した、この仕事でしたが、我が子さえも満足に笑顔で卒業させてあげられなかったことに、ずっと悔しい気持ちでいましたが、むしろこの選択が、良かったと思える日が来ると信じて、誰かを恨むようなことはせず、親子で心機一転頑張りたいと思います。

色々励まして下さった皆さま、側で応援して下さった皆さま、本当にありがとうございました。
心より感謝しております。