政策

Policy

ママ議員の視点で都政を改革!

子育てと区議3期の思いを込めて

母だから、区議だから、都政を変える!変えられる!
〜2020年の先を見つめて〜

 現在都政は混乱し、都民のための行政とは言えません。今、正に都政の変革が求めらています。そのためには、単に夢や理想だけを語るのではなく、確実な経験と実績を持った人間が必要です。母としての経験、区議会議員3期の実績で都政を変革していきます。

 2020年だけに目を奪われるのでなく、10年先、20年先の江東区民が安心して過ごせるまちづくりを行なっていきます。

子育てしやすいまち東京へ!

  • 待機児童の解消のために都立公園や民間の土地活用の推進
  • 児童虐待ゼロのために、児童相談所と家庭支援センターの連携強化
  • 保育人材確保のために、住居補助やキャリアアップ補助の充実
  • 近隣の保護者が集まり、互いの子を保育し合う『共同保育制度』の構築
  • 企業内保育実施事業者への補助

安全・安心のまち東京へ!

  • 大規模水害時の広域避難体制の構築
  • 消防団活動の応援と地域防災のための支援拡充
  • 防犯カメラ等による、犯罪抑止対策の充実

高齢者・障害者に優しいまち東京へ!

  • リバースモーゲージ制度(高齢者の持つ資産を担保に、最期まで生活をフォローする)の拡充と促進
  • 自立できる障害者雇用制度(全国的な視点から製品と重要と供給のマッチング制度、商品開発などのコーディネイトなど)の確立
  • 特養等の整備促進と介護人材の確保と定着支援

環境都市東京・国際都市東京へ!

  • 水辺空間を活用し、店舗運営などを行う事業者への補助や規制緩和
  • スマートハウス・スマートマンション整備への補助
  • 若手企業家育成プログラム実施(高校生以上を対象に早期に起業家を育成し、国際競争力を高める)
  • テレワークなどの働き方の多様化、離島への事業者移転など、ワークライフバランス・離島振興に資する事業実施する事業者への補助

行財政改革で健全財政の東京へ!

  • ソーシャル・インパクト・ボンド(行政の事業実施にあたり、投資家から資金を集め、配当を行う。財政負担の軽減が可能)の実施
  • 民間企業等提案制度(民間企業などから、随時提案を受けて、事業実施について検討する制度)の実施

江東区の魅力を活かしたい!

  • 大型クルーズ客船埠頭の整備(2019年)等に伴う臨海副都心のブランド化
  • 2020年オリンピック・パラリンピックの中心地として、観光都市としての整備とおもてなしマインドの醸成
  • 地下鉄8号線延伸の早期実現で区民待望の南北交通、利便性向上

高橋めぐみの実現した主な女性の視点の政策

  • 城東地区の病後児保育の充実
  • 一時保育の充実
  • 乳房ケア
  • 産後ケアセンター、産後ケアの充実
  • 産後鬱対策
  • 学童保育・放課後こども教室全校対応
  • 保育園コンシェルジュ
  • 障害のあるこの各学校の教室設置
  • 重度障害の子への学童保育の充実
  • 学校の一斉メール
  • 自動虐待防止策
  • 不妊治療対策
  • サンスト駐輪対策 こども達の絵で防御
  • 医療行為を必要とする障害のある子の保育
  • 保育士の保育園申し込み優遇